煙とにおいの関係

煙を含んだ臭い対策を行うときに知っておくべき大切なこととは?

脱臭装置のみの場合

脱臭装置のみの場合
・目詰まりを起こし風量が低下
→客席及び厨房内に煙がこもる
・油煙で覆われることによる脱臭効率の低下
→メンテナンス周期の早期化
→ランニングコストの増加

SMOG-HOG+脱臭装置

SMOG-HOG+脱臭装置
※飲食業の悪臭苦情ランキング
(平成22年度地方公共団体
アンケート調査結果より)

1位 焼肉・ホルモン店
2位 惣菜・弁当屋
3位 ラーメン店
4位 焼鳥店
5位 居酒屋
6位 中華料理店

焼鳥、焼肉・ホルモン、中華、うなぎ蒲焼、フライヤーなどの煙(※以下 油煙)を多く含んだ臭い対策を行う場合に最も注意しなければならないことは、きっちりと油煙除去(前処理)を行うことです。 油煙除去を行うことにより、脱臭装置を油汚れから保護し本来の性能を引き出します。
また、脱臭装置では除去できない油煙を除去することにより減臭効果も得られます。油煙除去を行った後に、脱臭装置で臭いの成分のみを除去することにより効率良く脱臭することが可能になります。どのような臭いにどのような装置が最適なのか、下記表のように適切に装置を選定して使用することが臭い対策で重要なポイントとなります。

煙を含んだ臭い対策を行うときに知っておくべき大切なこととは?

油煙除去を行った場合のメリット 脱臭機を油煙から守ることにより、性能維持、ランニングコスト削減が可能 ☆ 油煙を除去することにより脱臭機の脱臭性能が向上

油煙を取り除いて、臭いをとる!